咽と鼻のことなら「うちやまの漢方療法」をお試し下さい
フリーダイヤル

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

無料にてご相談承ります

0120-24-2460

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

税込5,000円以上 全国送料無料!

後鼻漏の原因と症状

8老人性鼻漏

鼻水がチョロチョロと止まらない。これは60歳代後半から急増する加齢に伴う鼻粘膜の機能低下が原因です。このように高齢者の長引く鼻水は「老人性鼻漏」の可能性があります。

老人性鼻漏の特徴

サラサラした(粘り気のほとんどない水のような)鼻水が出るが、くしゃみや鼻づまり、発熱などはありません。起床直後に鼻水がでて、鼻を数回かむだけで落ち着きます。

鼻粘膜の機能低下

鼻粘膜には温度を加えたり、蒸気を発する機能があります。また高温多湿な呼気を冷やし、呼気に含まれる水分を再吸収します。しかし、高齢になると鼻粘膜の機能は低下するので、呼気が鼻の穴の中を通る度に、以前は再吸収されていた水分が粘膜の上に凝集します。これが鼻水となります。

熱いものを食べたときの生理現象に似ている

たとえば、ラーメンやそば、うどんなど熱いものを食べたときに、鼻汁がでることと基本的に同様の現象です。熱い汁物を食べると、鼻の入口部分が高温多湿となりますので、(呼気内の)水蒸気を再吸収する機能の低下が原因で鼻水となります。このような理由から若い人たちでも老人性鼻漏と同じような現象を生じます。

老人性鼻漏の治療について

生理的な老化現象のひとつである老人性鼻漏ですが、抗ヒスタミン薬や鼻噴霧用ステロイドでは効果がありません。長期化する鼻水をアレルギー性鼻炎とみなし、そういった薬を処方する医師も少なくありません。また風邪と似たような症状ですので、患者が自己判断し市販の風邪薬を漫然と服用している人もみられます。

こういった薬物療法は副作用の危険性もはらんでいます。鼻噴霧用ステロイドを長期間使い続けると鼻粘膜の萎縮が進行しかねません。また抗ヒスタミン薬は老人性鼻漏がヒスタミン受容体を介さないため効果を期待できません。

後鼻漏とは

後鼻漏は、粘性の低いさらっとした鼻水が喉に降りてくるだけではなく、ねばねばした粘性の高い鼻水が喉にへばりつきます。これが取りづらいために、いつも喉と鼻の間のところになにかが粘りついているような違和感がいつまでもつきまといます。また鼻水が喉にへばりついている状態のため咳や咳払いの原因にもなってしまいます。ひどいときには喘息のようになることもあります。
このように後鼻漏になると、鼻水が喉に垂れてしまうことで喉を刺激し、さらには鼻水が気管に入ることで咳が止まらなくなってしまいます。

咽と鼻・後鼻漏 漢方薬

後鼻漏の症状は人によりさまざまです。ご本人にしか分からない「鼻や咽の情報」「お身体の体質」などがございますので、
初回はご本人がお出でくださいませ(ご本人がお出で頂ければお買い上げの有無にかかわらずご説明いたします)。
いらっしゃれない場合は、お電話にてご本人様から直接細かな状況をお聞きして漢方薬を選定いたします。

後鼻漏には漢方療法最善である7つ理由

  1. 1 抗生物質が含まれていないので腸内にある善玉細菌に影響を与える心配がない。
  2. 2 マイペースで気軽に改善できるため、余計な手間や無駄な出費・時間が不要。
  3. 3 副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症などの方にも効果があります。
  4. 4 市販薬や処方薬にみられる口内乾燥、眠気やだるさもなく身体に負担がかからない。
  5. 5 ご用意する漢方薬はすべて顆粒状や粉末なので手軽に飲みやすい。
  6. 6 即効効果も期待でき、体質 を改善する漢方などの組合せで相乗効果も期待できる。
  7. 7 副鼻腔炎の治療薬や耳鼻科などの通院治療と併用も可能(※要相談)。

ご相談
ご提案の一例

サラッとした水気の強い鼻水が喉に流れ落ちるケース

乾燥を促す漢方薬 + 体質を改善する漢方などの組み合わせ

ドロドロした粘り気のある鼻水が咽に流れ落ちるケース

痰を良くする漢方薬 + 排膿系漢方 + 体質を改善する漢方などの組合せ
※状況をみて臨機応変に使い分けいたします

以上のように漢方療法は身体にやさしく、自分のペースで治療を進めることができるので、特に忙しくて時間の取れない方や通院への交通費負担が大きい方などには大変お勧めの治療方法です。後鼻漏の漢方薬はすぐに効果が出る場合もございますが、多くの場合は慢性化しておりますので時間がそれなりにかかります。 しかも、漢方薬にも「品質」があるため、ご本人の症状・体質に最適な「品質の優れた漢方薬」を服用されることを推奨いたします。また漢方薬は「大手ブランドの方が効果が高い」というものではございません。 そして漢方薬を「選定する力」も人それぞれで異なります。ですので、まずは漢方の専門の方にご相談されることが完治への近道です。どうぞお気軽にご相談下さい。

函館 漢方・漢方療法のプロフェッショナル うちやま薬局

漢方のプロフェッショナル
日本東洋医学会会員

〒040-0011 北海道函館市本町30-25

フリーダイヤル

フリーダイヤル

0120-24-2460

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

税込5,000円以上 全国送料無料!

QRコード
うちやま薬局・契約駐車場 アクセスマップ
スマートフォンで電話する 0120-24-2460